アニメ、漫画、ラノベ、ゲーム等若干オタク気味なレビューを書いていきます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年05月08日 (土) | 編集 |
今回は直井文人の回

前回のSSSの作戦で天使(たちばなかえで)は生徒会長から失脚
代理として直井が生徒会長代理になりました
天使という抑止力がなくなった直井はSSSメンバーを反省室送りにしました
というのが前回までの話し

今回で直井がNPCではなくゆり達と同じ魂を持った人間ということがわかりました
そして直井が副生徒会長として模範的に過ごしていたのに対し、裏で一般生徒に暴力行為を働くことでこの世界でのバランスを取っているとわかりました
そして、生徒会長であった天使と一緒に過ごしてきた友達は消えていくのに天使は消えない
このことからも天使はやはり違う存在であると考えられます
やはり天使の存在はこのアニメのキーポイントになるのか・・・

直井はちょくちょく出てきていますが、まともに出てきたのは前回のラストと今回。
直井の印象があまり根付いていないのであまり良い話しとは思えませんでした
もう少し直井に焦点を向けてからのこの話しの方がいいのではと思います
過去の話しやストーリー自体はよかったと思います

また、直井がゆりに催眠術で幸せな夢を見せ、成仏させようとしたとき
「そんなまがいもんの記憶で消すなー!」と「お前の人生だって本物だったはずだろう!」そういった音無
記憶を上書きしようとする直井の行動に腹を立てた言葉ですが、
彼自身記憶をなくしている分、とても印象的でした
天使と同様、音無にも他のメンバーと異なる部分を持っていることを再認識させられました

1.jpg


今回の話しでかなでが一杯しゃべってくれて満足ですが
かなでのキャラが気になる・・・

独房に入れられて寝る、ハンドソニックver4を花の形にするなど、真面目キャラとも言いがたいキャラです。
不思議系って奴かw
中でも印象的なのが激辛麻婆豆腐を食べた時のかなでの言葉
「うまいわ」
実は結構ラフな性格なのか・・・?w
これからもかなでには前へ出てきてもらいたいです

無題

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。