アニメ、漫画、ラノベ、ゲーム等若干オタク気味なレビューを書いていきます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年06月25日 (金) | 編集 |
まさかの1週間弱ぶりの更新・・・・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

なんか今週から部活が急にマジメになって疲れてたんだ・・・

毎日家かえって何しよーかなーってボーっとしてたらいつの間にか夜に・・・zzz

そしてまぁ今日は部活サボったとさ★

そんなことは置いといて

1週間更新サボったんだからレビューのネタはいっぱいあるよね?!?!

・・・

1週間で1冊ラノベ読んだだけでした・・・・・・ヽ( ゜ 3゜)ノ

別にいいんだよっ!!

マイペースが肝心!

・・・

こんなことだから人が着てくれないんだよねー(;´Д`A ```

まぁとりあえず一発レビュー行きます!!

今回は電波女と青春男2!

神作画の宇宙人的シナリオでございます。

1巻でエリオが脱布団・・・したはず・・・・なんですが・・・・・・・・・

癖はまだ直らない模様・・・@p@

しかしエリオは言った

「働く!わたし、社会、復帰?する・・・・・・かも・・・・・・って、思って、る、かな」

うん、かわゆい。

そんなこんなで色々あってエリオは駄菓子屋さんで働くことで・・・

そこの店員さん、エリオの母の女々の祖母(田村さん)なんです
後ほど・・・

友達(前川さんと流子さん)が家に来たりお泊りしたり、一緒にペットボトルロケット作ったりして社会復帰ポイントが増えていくエリオ

そして女々と田村さんの話

28年前、夫を亡くした田村さんは夫の死をキャトルミューティレーション、つまり宇宙人のせいだと信じ、次は自分の番だと思い込み、生きる目標を失っていた

そんな田村さんの姿を当時12歳の女々が見て、宇宙人をやっつけることを決意した

そして28年後、藤和女々40歳、ペットボトルロケットにて宇宙人の退治に成功

それを見たツンデレ田村さん(笑)はツンツンしながらも孫に生きる目標を与えられ、歳と宇宙人に抗うことを決めた

という祖母と孫の心温まる感動ストーリー(?)に移行!

この話、結構好きですw

全体を通して、入間人間さんの前作、嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんの片鱗が見えますw

嘘だけど  といわせようとするのが面白いw

全く正反対な分、嘘も少なくなり、結果として「嘘だけど」という言葉が目立ちますww

つい吹いちゃう微妙な細工・・・

遊び心満載ですねw


やっぱり普通のラブコメ(SFではある?)はレビュー難しい・・・

物語系とかもっと謎があったりすればやりやすいんだけどねー

まぁいいや!

今日はAngel Beats!の最終回ですね!

番外編があるかもーということですが・・・

とにかく遊佐の活躍に期待!

ではまたABレビューで!!
スポンサーサイト

2010年06月18日 (金) | 編集 |
宇宙人が見守ると噂されるこの町で、俺の青春ポイント獲得ミッション
(具体的には女子と甘酸っぱい高校ライフ大作戦)はスタートした。

「地球は狙われている」らしい。

同居する布団ぐるぐる電波女・藤和エリオからの引用だ。
俺の青春ポイントが低下する要因であり、本ミッションを阻害する根源でもある。
天然癒し系な爽やか健康娘・リュウシさんや、
モデルさんもびっくりの長身(コスプレ)少女・前川さんとの
青春ポイント急上昇的出会いを経たにもかかわらず、
俺の隣にはなぜか布団でぐーるぐるな電波女がいるわけで・・・。
・・・俺の青春って、一体どーなんの。


来ました久々の連続更新!

今回の記事は電波女と青春男
作者は入間人間さん!
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんの作者です(これもいずれレビュー書かなきゃ(;´▽`A``

この作品は電波な女と青春ポイントの獲得に命をかける男の話!
個人的に久々な青春系、ちょっと期待

まずは登場人物!

主人公:丹羽真
青春ポイント獲得にマジで命を懸けていると言い張る高校生

ヒロイン:藤和エリオ
・布団ぐるぐる巻き女
・青春ポイント低下要因
・自称宇宙人
・真のイトコ
・ぶっちゃけヒモ
髪の色が水色って・・・・ラノベで突っ込んじゃいけないですかソウデスカ

同級生1:御船流子
・真の初の友達(初の友達が女子って・・・・)
・真の周囲の人物にしては珍しく、天然な普通の子
・青春ポイント上昇要因
・自転車乗る時は黄色いヘルメット使用の癒し系

同級生2:前川さん(名前不明)
・青春ポイント上昇要因
・身長180cmくらい、細身
・コスプレ(レストランやコンビにの制服やきぐるみ中心)好き
・虚弱気味

叔母:藤和女々
・エリオの母
・真の父、いわく大供(大人と子供の練り物)。
・エリオの意志を尊重して基本的に彼女に関わらない。
・でもかなりエリオに甘い。
・青春ポイントの・・・・・・なんとも言えない様子

青春ポイントとは青春した内容を点数にした物
この作品は真が青春ポイントを稼ぐ為にがんばる話

旅物じゃないのであまり特筆することはないが・・・・
すっげぇ面白いです。
まず1つ、エリオかわいいいいいいいいいいいいいいい!!
いやもう、エリオ超かわいいっす、僕と付き合ってください、一緒に宇宙人やりましょう

笑いあり、涙ありの話で、みーくんまーちゃんとは正反対の話
流子さん以外変人、つまり流子さん以外と話ている時に笑えて、流子さんと話してるときに癒される
さらにエリオと話している時にキュンキュンできる(さーせん

実は5巻まで買っちゃったのでちょくちょくレビュー書きます!

最近授業中にエリオの絵を描きまくってるせいで期末がやばいです
ま、いっか★

ぜひ買って、友達に薦めて、ついでにこのブログも薦めてくださいヽ( ゜ 3゜)ノ

電波女と青春男 (電撃文庫)電波女と青春男 (電撃文庫)
(2009/01/07)
入間 人間

商品詳細を見る


2010年06月18日 (金) | 編集 |
神様は、15年前に世界を捨てた。
以来、人は生まれず死者は死なない。

見捨てられた世界で、最後の奇跡と言われる“墓守”。

アイは墓守だ。
世界を救う夢を見ている。

その方法はまだわからないけれど、旅はまだ始まったばかり。
傷持ち、ユリーらと西へ西へと向かう途中、アイは、手錠をかけられた少年キリコと出会う。

「百万都市オルタス。世界最大の『死者の国』の民だ」

オルタス。
そこにはやがて訪れる、日曜の時代のための姫がいるという。
アイは傷ついたキリコとともにオルタスへ向かうが―──。

世界最大の死者の街。
“死者の姫”と、姫を守る少年。
神様に見捨てられた世界で、世界を救う夢を見る少女の旅が、始まった―──。


久々のレビューです!

1巻ではまだ世界の設定やキャラクターの設定がいまいちわからず混乱しかけていたのに対し、2巻では設定が分かっていたので読みやすかった印象がありました

1巻で悲しい終わりを迎えたので、どう展開するか不安でしたが、かなりいい感じの展開に・・・!

父に幸せな最後を与え、自ら埋葬したアイは、父の友人と墓守のスカーの3人で世界を救う旅に!
途中で手錠をかけられた少年、キリコに出会い、オルタスへ行く。
そこは死者の国、死んだ人だけで構成される国
そこでアイは様々な"死者"と出会う。

オルタスの姫、ウッラ
この国で唯一の生者、アイは彼女の秘密を知る
目で見た者、声を聴いた者、肌に触れた者、全てを殺す力・・・
この作品の死生観の凄さを実感できる設定
オルタスで住むことは安息を得られる唯一の方法
そのオルタスで住む為に死ななければいけない
そんな時にウッラが見るだけで彼らはオルタスの住民になれる
ウッラの力はオルタスになくてはならない力なのかも知れない

しかしウッラは街のみんなに騙されている
かつての自分のように周りが彼女のために付いている嘘に騙されているウッラ
その事を知ったアイは、過去の自分を救う機会を得たかのように動き出す

いつも天然なアイはここぞという時には子供とは思えない程の冷静さと行動力を見せる
人食い玩具やコロシオハケなどのように、アイにも何か力があるのかな?
でもアイは墓守だし・・・・

2巻の最初の時点でのアイの目的は、この世界から死者を失くし、元の生者だけの世界を創る、という物
でもオルタスで死者の友人もできたアイの今の目的はなんなのか・・・
この作品はアイが目的を達成して終わると思うが、どんな終わり方になるのか楽しみです

そしてこの話はまだ終わりません・・・
ここから超絶展開!

スカーに子供が・・・・・・・・?!

ウッラには姉がいた
生まれてからずっと時が止まったかのように赤子のままであるもう1人の姫であるセリカ
ウッラが死の権化ならセリカは生の権化
ウッラに触れても死なない、彼女の生への執着はウッラの死の力をも上回る

一方オルタスについてから変な声が聞こえる、と体調不良を訴えていたスカー
しかし、セリカに出会ってから様子が変わる

セリカの止まっていた時は流れ、スカーは彼女に駆け寄り抱きしめる
セリカはスカーと母として、スカーも彼女を娘して認識する

生の権化であるセリカ、その母(義母?)スカー
この二人はこれからのアイの目標に何か関わってくるのかな?

次回もアイと愉快な仲間たち、そしてセリカとスカーの活躍に期待!

どんどん楽しくなっていく神様のいない日曜日
これからより注目されるだろう・・・
「神様のいない日曜日」長いと思いませんか?
字数ですよ字数!
略しましょう!
かみにち?
なんか違う作品とかぶりません?
神様サンデー
これなんてどうでしょう、いえ、これしかありませんね!!!
いつか神様サンデーと検索するだけで神様のいない日曜日がヒットすることを願います。

2010年06月06日 (日) | 編集 |
十五年前。神様は世界を捨てた。人は生まれず死者は死なない。
絶望に彩られた世界で死者に安らぎを与える唯一の存在"墓守"。
「今日のお仕事、終わり!」
アイは墓守だ。
今日もせっせと47個の墓を掘っている。
村へ帰れば優しい村人に囲まれて楽しい一日が暮れていく。
だけどその日は何かが違った。
銀色の髪、紅玉の瞳。
凄まじい美貌の、人食い玩具(ハンプニー・ハンバート)と名乗る少年。
その日、アイは、運命に出会った。
「私は墓守です。私が、世界を終わらせません!」
世界の終わりを守る少女と、死者を狩り続ける少年。
終わる世界の中で、ちっぽけな奇跡を待っていた。


電車に揺られながら読み続けてきました!!

この話は「奇跡」のようなものを書こうとしたそうです(あとがきより)
普段の俺なら奇跡(笑)と軽くあしらうような言葉なのに今回は違った・・・
作り話の中、想像の中の話なのに、まるで自分のことのようにストーリーに入り込めた

最初は表紙の絵を見て、
「あ?なんかこれバトルぽくて面白そう・・・」
と普通に表紙買いしてしまい、
読み進めていってもバトルが中々こないので「失敗したか??」と思いました
やっぱりバトルとラブコメとシリアスがないとね★(中二病)
結局あまりバトルはなく、普通のラノベでした
ラブコメもないっていうかあったら結構やばいんですけど・・・(ぁ
でも段々とページをめくる手が止まらなくなるのを感じてきました(決まり文句w)
それでも電車以外で読む時間を作らなかったのは俺の特殊能力かただ時間がないだけなのか・・・

この話で何故それほどハマったか
それは伏線の張り方にあるのかと思います
あくまで個人的な感想ですが・・・
前半部分で出た謎やキャラの特徴が後半で解説される、それはよくあると思います
でもこの作品は文一つ一つが後々重要な伏線であることがわかる
「ぁぁー、あれって、そういうことだったんだー」
という納得が多い作品でした

また、もう一つの理由として
絵が上手い
これはとても大きいと思います
アイの愛らしさ、ハンプニーのかっこよさ精悍さ
それぞれの思いが汲み取れるような、美しい絵でした!
でもいい絵の割りに量が少なかったと思う。
もう少し量を増やしてくれればいいとおもいます!

最後には普通に涙が溢れる話です
電車の中で読まないで良かった・・・(〃´o`)=3 フゥ

2巻も出ているそうなのでこれから読むつもりです!
でもなー・・・
金欠・・・・・・・・・・・・・・wwwwwwwwww

アマゾンに売ってなかった・・・・・・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

2010年06月02日 (水) | 編集 |
「私の毒を、あなたに入れる。決して離れられなくなるように」
そうして僕の物語は、始まった―─はずだったのに。
宮阪高校1年、鉄大兎。
自分は人生の主役で、頑張れば報われるなんて幻想はもう信じていない。
彼の毎日は平凡に消費される。
大兎は、忘れていた。
“彼女”の笑顔。
交わした“約束”。
血肉に溶けた呪い。
大切な記憶は、なぜ奪われたのか?
それでも失われたはずの想いの中で、“彼女”は微笑む。
『やっと死んでくれたね。この日をずっと待っていた―』
“7回生きて君と出逢う”学園リバース・ファンタジー、開幕。


いつか天魔の黒ウサギ(以下いつ天)を読みました!

最近ゲームできず、レビュー書けず、記事=日記状態になっていたので電車内でも読めるラノベのレビューを書く事にしました!

てか前から書こう書こうと思いつつ中々手を出せずに・・・

始めてなので他の人のレビューを参考にやってきたいと思います


いつか天魔の黒ウサギ

冒頭の文はいつ天1巻の概要です
この作品に出会ったきっかけは友達からの勧め
僕は「バトルあり、お笑いあり、ラブコメありの作品が大好きな若干中二病」ってことを友達に教えたらかなり勧めてきたので勢いに負けて5冊一遍に買い、ついつい一気に読んじゃいましたヽ( ゜ 3゜)ノ
結構大事な試験前の日曜日、それを丸々つぶす程熱中しました

ストーリーは、幼い頃に約束を交わした男女が再び出会うラブストーリーです

主人公は平凡な高校生活を送っていると思い込んでる平凡じゃない男子、鉄大兎

こいつ、実は15分間に7回生き返る、つまり6回まで死ねる体質というか能力を持ってるんです。
しかもその時全ての怪我、疲れなどが吹っ飛ぶオマケ付き
でも痛みは消せないのでよっぽど忍耐力無いと・・・・・

この能力は昔、サイトヒメア(以下ヒメア)と出会い、契約を交わすことでヒメアが大兎に渡した能力。
しかしそのヒメアは紅日向という敵に連れ去られてしまい、大兎の記憶も消され、9年間離れ離れになってしまう
日向は<最古の魔術師>であるヒメアの力が欲しくて拷問を繰り返したが、ヒメアは大兎に能力を封印していて、大兎が死んで彼の能力が発動し、彼がヒメアを思い出すことでヒメアに戻る仕掛けを施した
そして9年後、放課後にトラックに轢かれた大兎は生き返り、物語が始まる・・・。

といったストーリー
あらすじを見るに、「毒」や「呪い」など、一見ホラーな感じがしますが普通のバトルラブコメ
ただ主人公が死にまくります(笑)
大兎は自分の6回まで死ねる能力を駆使して、再開後にヒメアに貰った新たな諸刃の力で戦うのですが
生き返るといっても痛みは伴います。
それでも大切な物を守るために戦う大兎の姿には感動。・゚・(ノ∀`)・゚・。

1巻ではヒメアと再会して日向と戦う所で終わり、2巻からはダラダラと日常(バトル満載ですが)が続きます
2巻からの日常ではあまり方向性が定まっていないように思え、後味が悪い気もしました
しかし、5巻,6巻あたりで再び方向性が定まり、しっかりとした文になったと思います

いつ天で好きなキャラは大兎とヒメア、主人公とヒロインです!
大兎はさっきも言ったようにとにかく諦めない強さにぐっと来ました
ヒメアは、大兎に対してデレデレとし、「大好き」や「愛してる」を日常的に言える程大兎を愛している、珍しいヒロインだと思います。
そのベッタリ感が溜まらない(´∀`*)
大兎がうらやまし過ぎます・・・。
でもその裏で壮絶な9年間があり、様々な苦悩と戦う姿に惚れました( ー`дー´)キリッ


なんかgdgdと言葉を並べただけのレビューになってしまった。。。。

もっとちゃんと書ける様にならないとなー

アニメもゲームもラノベも上手くなれるように頑張ります!

これからもよろしくお願いします(o*。_。)o

そしていつか天魔の黒ウサギ
是非呼んで欲しい作品の1つなので、読んでみてください!
いつか天魔の黒ウサギ1  900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)
(2008/11/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る


最新刊
いつか天魔の黒ウサギ6  欠席のウサギ (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ6 欠席のウサギ (富士見ファンタジア文庫)
(2010/05/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。